メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尖閣

「日本艦が進入」従来の立場強調 中国外務省

 【北京・浦松丈二】中国艦船が沖縄県・尖閣諸島の接続水域に入ったことについて、中国外務省の陸慷(りく・こう)報道局長は11日の定例記者会見で、事実関係について「本日午前、日本の海上自衛隊の艦艇2隻が前後して赤尾嶼(せきびしょ)(大正島の中国語名)北東側の接続水域に進入し、活動した。中国海軍は日本側の活動に対して全行程の追跡、監視、抑制を実施した。現在、日本側の艦艇は接続水域を離れている」と、尖閣諸島を自国領とする中国側の立場から説明した。

 一方で「我々は中日関係を重視している。最近、ハイレベルを含む日本側から中日関係に積極的なシグナルが出されていることに留意している」と述べ、関係改善には前向きな姿勢を示した。さらに「日本側が釣魚島(尖閣諸島の中国語名)問題で紛争を作り出すことをやめ、2014年に達成した(関係改善に向けた)四つの原則・共通認識の精神で、中国側と歩み寄り、実際の行動で両国関係の改善、発展に努力するよう促す」と要求した。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 音楽家 小室哲哉さんが引退表明 不倫疑惑受けて
  2. ORICON NEWS 小室、引退決断は「私の罪。償いはこれが精一杯」 自発的な音楽活動は「本日をもって終了」
  3. オウム 教祖四女「一人の人間として生きたい」 会見一問一答
  4. オウム高橋被告判決 最後の法廷、謝罪なく
  5. ORICON NEWS マーク・パンサー、小室引退に戸惑い「グローブのともし火は消さない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]