メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核兵器廃絶

被爆者証言CF100万円達成 次の目標へ

イベントで、スライドを使って証言する広島での被爆者、壷井進さん。1982年にはニューヨーク国連軍縮特別総会に出席するなど国内外で被爆体験を語り、核廃絶を訴え続け、2016年4月に亡くなった=ピースボート提供

 広島・長崎で原爆を体験した被爆者の証言を全国各地で伝えるための資金を、NGOのピースボート(東京都新宿区)が募るクラウドファンディング(CF)が11日、当初の目標だった100万円に達した。スタッフで呼びかけ人の畠山澄子さんは「支援くださったみなさんに感謝しています。より多くのお金が集まれば活動の幅が広がる」と、引き続き協力を呼びかけている。募集は31日午後11時まで。

 被爆者の証言は、昨年7月の核兵器禁止条約制定にも大きく貢献。条約の前文には「核兵器使用の犠牲者(ヒ…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文546文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです