近鉄

20年春に新型車両導入 名阪に真っ赤な特急

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
近鉄が新たに製造する新型名阪特急のイメージ図(近畿日本鉄道提供)
近鉄が新たに製造する新型名阪特急のイメージ図(近畿日本鉄道提供)

 近畿日本鉄道は11日、大阪難波(大阪市)-近鉄名古屋(名古屋市)間を走る新型特急を2020年春にデビューさせると発表した。名阪特急「アーバンライナー」の後継。座席の前後幅を広くし、座席を倒しても後ろの乗客に影響しない「バックシェル」を全席に採用するなど高級感と乗り心地を大幅に向上させるという。

 「くつろぎのアップグレード」がテーマ。外観は従来のイメージを一新し、メタリックの深い赤色とした。…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

あわせて読みたい

ニュース特集