メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

撮影終了「一茶」も公開未定 お蔵入りの訳とは

 昨年秋に公開予定だった俳人、小林一茶の生涯を描く映画「一茶」が、撮影を完了しながら、製作会社の破産などで公開できない事態に陥っている。背景を探ると、日本映画界特有の事情がみえてくる。【木村光則】

 一茶は藤沢周平の小説が原作。映像制作会社「オフィスティーエム」(今井貢代表)を幹事会社に製作委員会が作られた。吉村芳之監督の下、人気俳優のリリー・フランキーさん、佐々木希さんらが出演し、2016年秋に長野県飯山市などで撮影を行った。

 同社は独立行政法人・日本芸術文化振興会から16年度、2200万円の助成を受けた。17年1月には全ての撮影を完了。2月に吉村監督が死去したものの、3月には未完成ながら仮の試写会も開かれた。同年度の助成先には大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」などがある。

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1168文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです