メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本映画

撮影終了「一茶」も公開未定 お蔵入りの訳とは

 昨年秋に公開予定だった俳人、小林一茶の生涯を描く映画「一茶」が、撮影を完了しながら、製作会社の破産などで公開できない事態に陥っている。背景を探ると、日本映画界特有の事情がみえてくる。【木村光則】

 一茶は藤沢周平の小説が原作。映像制作会社「オフィスティーエム」(今井貢代表)を幹事会社に製作委員会が作られた。吉村芳之監督の下、人気俳優のリリー・フランキーさん、佐々木希さんらが出演し、2016年秋に長野県飯山市などで撮影を行った。

 同社は独立行政法人・日本芸術文化振興会から16年度、2200万円の助成を受けた。17年1月には全て…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1168文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]