メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川

H5型の高病原性の鳥インフル検出 殺処分を開始

 香川県さぬき市の農場で鳥インフルエンザの疑いがある鶏が見つかった問題で、県は11日、再び行った遺伝子検査の結果、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。家畜での発生確認は四国では初めてで、国内で今季初。

 県はこの農場で飼育している約5万1000羽、同市内にある関連農場の約4万羽の計約9万1000羽について殺処分を始めた。また、農場から半径3キロにある7農場の鶏約13万羽…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです