香川

H5型の高病原性の鳥インフル検出 殺処分を開始

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

さぬきの農場

 香川県さぬき市の農場で鳥インフルエンザの疑いがある鶏が見つかった問題で、県は11日、再び行った遺伝子検査の結果、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。家畜での発生確認は四国では初めてで、国内で今季初。

 県はこの農場で飼育している約5万1000羽、同市内にある関連農場の約4万羽の計約9万1000羽について殺処分を始めた。また、農場から半径3キロにある7農場の…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

あわせて読みたい

注目の特集