メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

豪警察が捜査開始、柱にはりつけられ死んでいるコアラ発見で

 オーストラリア・クイーンズランド州で10日、公園の休憩所の柱に張り付けられて死んでいるコアラが発見され、警察が捜査に乗り出した。提供写真(2018年 ロイター/Koala Rescue Queensland/AAP)

[PR]

 [シドニー 11日 ロイター] - オーストラリア・クイーンズランド州で10日、公園の休憩所の柱にはりつけられて死んでいるコアラが発見され、警察が捜査に乗り出した。

 非営利の動物保護団体「コアラ・レスキュー・クイーンズランド」は、フェイスブックにコアラの写真を掲載し、発見された時点でコアラは死んでいたが、休憩所の木製の柱に建築用ネジではりつけられた時には生きていた可能性があるとコメントした。

 場所はクイーンズランド州のブリスベンの北140キロにあるバルールー公園。

 地元警察はロイターに、現在この件を調べているとし、動物虐待防止協会が死因を調べるため検視を準備していると述べた。

 同州動物虐待防止協会のスポークスマンは「非常に憂慮すべきことだ。コアラが死んでいたかどうかにかかわらず、これをユーモアだと感じる人間がいるだろうか。あの休憩所付近には小さな子供も訪れる」と述べた。

 クイーンズランド州では、動物虐待は最高7年の禁錮刑、または25万2300豪ドル(約2200万円)の罰金を科せられる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです