メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

横浜FMの“10番主将”齋藤学、川崎へ完全移籍!「また一から自分を作っていきたい」

情報提供:サッカーキング

川崎への完全移籍加入が決まった齋藤学 [写真]=Getty Images for DAZN
 横浜F・マリノスに所属するFW齋藤学が、川崎フロンターレへ完全移籍で加入することが決まった。12日に両クラブが発表している。

 齋藤は1990年生まれの27歳。横浜FMの下部組織出身で、2008年に2種登録選手としてトップチームに名を連ねた。翌2009年にトップチームへ昇格。2011年には愛媛FCへの期限付き移籍を経験し、チームの中心選手として活躍した。翌2012年に横浜FMへ復帰すると、同年のロンドン・オリンピックにも出場。2013年7月には日本代表に初招集され、東アジアカップで初ゴールも記録している。

 そして2014年、出場機会は得られなかったものの、ブラジル・ワールドカップの日本代表メンバーに選出。2016年にはヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任後初めて、代表に招集された。2016シーズンは明治安田生命J1リーグで33試合出場10ゴール、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で4試合出場1ゴール、天皇杯で4試合出場1ゴールを記録。リーグ戦で自身初となる二桁ゴールを記録し、初めてベストイレブンに選出された。

 2017シーズンは背番号「10」を継承してキャプテンを務めたが、9月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節のヴァンフォーレ甲府戦で右ひざ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、全治8カ月と診断されて離脱を強いられている。

 キャリア通算では、J1リーグで201試合出場32ゴール、JリーグYBCルヴァンカップで30試合出場6ゴール、天皇杯で20試合出場5ゴール、AFCチャンピオンズリーグで5試合出場3ゴールを記録している。

 移籍にあたり、齋藤は横浜FMに対して以下のようにコメントしている。

「8歳から育ててもらい、愛媛FCでの1年を除き18年間お世話になったF・マリノスを離れる決断をしました。昨年、キャプテン、10番と責任をもらいながらも、不甲斐ないプレーや満足のいく結果を残せない僕に、たくさんの声援を送っていただいたこと。9月の大ケガの際も、本当にたくさんの声、手紙、千羽鶴、ビックユニフォーム。本当に本当に勇気付けられ、辛いリハビリも日々続けてこれました。この移籍は、その恩を仇で返してしまうことになってしまいました」

「僕はこの移籍を挑戦と捉えてます。より難しいところにチャレンジしたいという想いが、今まで育ててもらったクラブでもない、キャプテンでもない、また一から自分を作っていきたいという想いが、F・マリノスを離れるという決断を後押ししました」

「F・マリノスで、優勝するという想いは道半ばにして僕はチームを離れますが、横浜F・マリノスというクラブが強くなっていくことを願っています。選手、スタッフ、会社の方々、ファン・サポーター、スポンサーの企業の皆さまへ感謝の想いとF・マリノスに関わる皆さんに良き日が訪れますように」

「今まで育ててくれたマリノスアカデミーのコーチたち、ここまで成長させてくれてありがとうございました。どんな時でも諦めず、最後まで一緒に闘ったファン、サポーターの皆さん、今まで本当に多くのご声援をありがとうございました」

「これから先もずっと F・マリノスのユニフォームを着て チームメイトと共に闘い キャプテンとして プレーしていたことは、僕の誇りです」

 また移籍先の川崎に対しては、以下のようにメッセージを寄せている。

「横浜F・マリノスから移籍してきました齋藤学です。まずはしっかりとケガをなおし、最高のプレーができるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」



【関連記事】
スペイン紙が最も足の速い選手10名を掲載…1位はあの選手
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
  2. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  3. 熊本地震 生活保護打ち切り 376世帯、義援金など理由
  4. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人
  5. 弘前さくらまつり 開幕 花見客、昨年の2倍以上25万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]