メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

森保ジャパンがタイ戦に向けて最終調整、初戦から4人を入れ替えか

情報提供:サッカーキング

タイ戦に向けて調整を行った
 AFC U-23選手権に出場中のU-21日本代表は12日、グループリーグ第2戦のタイ戦に向けて最終調整を行った。

 ランニングや2人組でのパス交換でウォーミングアップを済ませるとシュート練習に移行。その後は11対11でポジショニングや戦術確認を入念に行い、最後はセットプレーの確認をして練習を終えた。

 ビブス着用組は3-4-2-1の布陣で、GK小島亨介(早稲田大学)、最終ラインは板倉滉(川崎フロンターレ→ベガルタ仙台)、立田悠悟(清水エスパルス)、原輝綺(アルビレックス新潟)が並び、ダブルボランチは神谷優太(湘南ベルマーレ→愛媛FC)、井上潮音(東京ヴェルディ)、ウイングバックに遠藤渓太(横浜F・マリノス)、藤谷壮(ヴィッセル神戸)、2シャドーには岩崎悠人(京都サンガF.C.)、髙木彰人(ガンバ大阪)、1トップに田川亨介(サガン鳥栖)が入った。初戦のパレスチナ戦から4人を入れ替えて臨む可能性が高い。

 森保一監督は、タイの印象を「一人ひとりの技術が高く、組織としても力を発揮するチーム」と語る。昨年12月のタイ遠征時に黒星を喫した相手でもあり、日本はここで借りを返したいところ。しかし、指揮官は「今大会の初戦を落としているので、予選を突破するために『絶対勝つ』という強い気持ちで臨んでくると思う」と、是が非でも勝利を狙いにくるであろうその勢いに警戒心を示した。「強敵だということを忘れずに準備をしたい。選手には戦術理解度を高め、意思統一をしながら、自分たちの力を出し切れるように思い切ってやってほしい」。勝ち点3を積み上げ、決勝トーナメント進出を狙う。

【関連記事】
●遠藤渓太、未経験のポジションもイメージはばっちり「やれる自信はある」
●U-21日本代表が第2戦に向けて調整、森保監督と選手が積極的に交流
●白星スタートの森保ジャパン、課題残るも「勝って終わることが大切」
●3バック一角の板倉滉、森保ジャパン公式戦第1号を生んだ攻撃意識
●森保ジャパン、2018年初戦を白星で飾る…DF板倉滉のゴールを守りきる

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
  2. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  3. 熊本地震 生活保護打ち切り 376世帯、義援金など理由
  4. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人
  5. 弘前さくらまつり 開幕 花見客、昨年の2倍以上25万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]