メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

訪英中止 大使館移転「前政権の判断不服」

 【ロンドン矢野純一】トランプ米大統領は11日にツイッターで、在英米国大使館の落成式参加を名目にしていた2月の訪英計画を中止すると明らかにした。オバマ前政権による大使館移転の判断が「気に入らない」としているが、英国内では、トランプ氏の人種差別的な発言などに批判が高まっていた。

 米大使館は現在、ロンドン市内に新築中で、トランプ氏は訪英中止の理由について「オバマ政権が、最も立地の良い場所にあった大使館を安値で売ったのは損な取引で、街の外れに建てたのは気に入らない。テープカットは断る」と説明。英BBCによると、大使館の移転は2008年…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]