メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

訪英中止 大使館移転「前政権の判断不服」

 【ロンドン矢野純一】トランプ米大統領は11日にツイッターで、在英米国大使館の落成式参加を名目にしていた2月の訪英計画を中止すると明らかにした。オバマ前政権による大使館移転の判断が「気に入らない」としているが、英国内では、トランプ氏の人種差別的な発言などに批判が高まっていた。

 米大使館は現在、ロンドン市内に新築中で、トランプ氏は訪英中止の理由について「オバマ政権が、最も立地の良い場所にあった大使館を安値で売ったのは損な取引で、街の外れに建てたのは気に入らない。テープカットは断る」と説明。英BBCによると、大使館の移転は2008年…

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです