メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵・鰻和弘

 おせちってやっぱりいいですよね。小さい頃、おばあちゃんにそれぞれの料理にはちゃんと意味があるというのを教えてもらって、「わー! おせち意味深っ! 渋っ! かっこいい!」と思ったものです。黒豆はマメに働く、昆布巻きは喜ぶの言葉にかけてる、くわいは芽が出ますように、などなど……。

 ただ、最近はおせち離れがすごいみたいで、何とかして食べてもらおうと洋風や中華風が登場してますよね。テイストは違いますが、おせちという文化は残してほしいので良いと思います。どうせなら、洋風や中華風のおせちにも、後付けで意味を持たせてみるのはど…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  3. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  4. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  5. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです