メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

「長崎 最後の被爆地に」 ICAN事務局長、爆心地で献花

 長崎に滞在している、昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は13日午前、長崎市松山町の爆心地公園で献花し、原爆死没者を追悼した。その後、近くの長崎原爆資料館を見学した。

 フィン事務局長は、長崎大核兵器廃絶研究センター(…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文294文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです