メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハワイ移民

150年記念 足利銘仙アロハ、生地完成 渡良瀬橋43、あす親善ソング初披露 /栃木

 日本人のハワイ移民が始まって150年の今年、足利市のNPO法人が進めている「足利銘仙アロハプロジェクト」で、記念の銘仙柄アロハシャツを作る生地が出来上がった。同市のご当地アイドル「渡良瀬橋43」とハワイのミュージシャンが合作した親善ソングも完成し、同市内のライブハウスで14日、リーダーの大塚みかさんが初披露する。【太田穣】

 プロジェクトのきっかけは、大塚さんが足利銘仙の古着で作ったステージ衣装で出演した昨年3月の「ホノルルフェスティバル」。日本の着物を仕立て直した作業着がアロハシャツの起源とされることから銘仙が現地で関心を集め、昨年7月、大塚さんの所属事務所や地域づくりなどを手掛けるNPO「スタイリッシュライフ」が中心になり、銘仙とアロハシャツに焦点を当てた取り組みをスタートさせた。

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです