メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハワイ移民

150年記念 足利銘仙アロハ、生地完成 渡良瀬橋43、あす親善ソング初披露 /栃木

 日本人のハワイ移民が始まって150年の今年、足利市のNPO法人が進めている「足利銘仙アロハプロジェクト」で、記念の銘仙柄アロハシャツを作る生地が出来上がった。同市のご当地アイドル「渡良瀬橋43」とハワイのミュージシャンが合作した親善ソングも完成し、同市内のライブハウスで14日、リーダーの大塚みかさんが初披露する。【太田穣】

 プロジェクトのきっかけは、大塚さんが足利銘仙の古着で作ったステージ衣装で出演した昨年3月の「ホノル…

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  2. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  4. 厚労省 障害者手帳をカードでも 来年度から希望者に
  5. KYB 免震改ざん タワーも原発施設も五輪会場も 「早く情報を」困惑拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです