メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外来カミキリ

桜被害、県北部中心に相次ぐ 県が実態調査へ /埼玉

 外来の昆虫「クビアカツヤカミキリ」が桜の木を食い荒らす被害が行田市や加須市など県北部を中心に相次いでいる。わずか10匹ほどで1本の木を枯れさせてしまうとされ、危機感を募らせた県は今春から実態調査に乗り出す。【鈴木拓也】

 県環境科学国際センターによると、クビアカツヤカミキリの成虫は体長2・5~4センチ程度。全体的に黒色で、胸部(首部)が赤いのが特徴。幼虫は桜や梅などの樹木内部で2~3年かけて成虫になる。元々は中国やモンゴルなどの東アジアに生息していたが、輸入木材などに紛れて国内に入ったとされる。環境省は15日、生態系に害を及ぼす可能性があるとして特定外来生物に指定する。

 国内では2012年に愛知県で初めて発見され、翌13年に草加市の桜の名所・葛西用水でも見つかった。そ…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文909文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)
  5. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]