メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

三陸の自然、力強く描く 岩手・陸前高田の画家、畠山さん 流山の美術館 /千葉

津波をテーマとした作品「無題」の前に立つ畠山ミキ子さん(左)と森忠行館長=流山市の森の美術館で

 岩に覆われた大地を繊細かつ力強い筆致で描く画家、畠山孝一さん(84)=岩手県陸前高田市=の作品展「三陸の譜 畠山孝一展 生命の宿るがごとく」が、流山市大畔の「森の美術館」で開かれている。畠山さんの作品を画集で見た森忠行館長が「東日本大震災から復興途上にある被災地に心を寄せる一助になれば」と開催を決めた。5月6日まで。

 畠山さんは30代半ばに交通事故で重傷を負い、漁師をやめて画業に専念。東京都内での個展のほか、パリの…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです