メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

三陸の自然、力強く描く 岩手・陸前高田の画家、畠山さん 流山の美術館 /千葉

津波をテーマとした作品「無題」の前に立つ畠山ミキ子さん(左)と森忠行館長=流山市の森の美術館で

 岩に覆われた大地を繊細かつ力強い筆致で描く画家、畠山孝一さん(84)=岩手県陸前高田市=の作品展「三陸の譜 畠山孝一展 生命の宿るがごとく」が、流山市大畔の「森の美術館」で開かれている。畠山さんの作品を画集で見た森忠行館長が「東日本大震災から復興途上にある被災地に心を寄せる一助になれば」と開催を決めた。5月6日まで。

 畠山さんは30代半ばに交通事故で重傷を負い、漁師をやめて画業に専念。東京都内での個展のほか、パリの…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  2. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  3. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. 世界の雑記帳 トランプ米大統領、暴露本出版の元側近と泥試合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです