メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「奇跡の子どもたち」あす国分寺で上映 難病の子に希望を 患者と医師の10年追う /東京

 生まれつき運動神経をつかさどる酵素を持たないため、生まれつき体を動かせない難病「AADC(芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素)欠損症」の患者と、日本初の遺伝子治療に挑んだ医師の姿を追った映画「奇跡の子どもたち」が14日、国分寺市の都立多摩図書館セミナールームで特別上映される。映像プロデューサーの稲塚秀孝さんが「難病に苦しむ子に希望を見いだしてほしい」と、約10年間追いかけたドキュメンタリーだ。

 映画製作のきっかけは11年前、都内に住むライターの山田直樹さんから「脳性まひとされていた息子の病名…

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文983文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]