メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄贈

尾崎咢堂の写真 相模原の土屋さん、親子展に 「脂乗った」50代後半、貴重な1枚 /神奈川

 「憲政の神様」と呼ばれる相模原市緑区又野出身の政治家、尾崎咢堂(がくどう)(本名・行雄、1858~1954年)が1913(大正2)年に自ら撮影した55歳の時の写真が、同市南区相武台公民館で郷土史家の涌田佑さん(89)が開いた咢堂の親子展に贈られ、11日の最終日に展示された。

 写真を寄贈したのは、咢堂と親交があった弁護士、木尾良清さんの娘で同公民館近くに住む土屋美知子さん(90)。「父母が大切にしてい…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  3. 富田林署逃走 容疑者5月以降4回逮捕 若い女性狙い
  4. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです