梵鐘

初鋳込み 東日本大震災慰霊銘文刻む 高岡のメーカー /富山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東日本大震災の犠牲者を慰霊する釣り鐘の初鋳込み作業=富山県高岡市で、老子製作所提供
東日本大震災の犠牲者を慰霊する釣り鐘の初鋳込み作業=富山県高岡市で、老子製作所提供

 梵鐘(ぼんしょう)(釣り鐘)の国内トップメーカー、老子(おいご)製作所(高岡市戸出栄町、元井秀治社長)で12日、梵鐘の新年初鋳込みがあった。宮城県涌谷町の箟峯(こんぽう)寺の依頼で、7年前の東日本大震災の犠牲者を慰霊する銘文が刻まれる。

 約350年前の寛文年間に鋳造されたと伝わり、山本周五郎の歴史小説「樅(もみ)ノ木は残った」に登場する仙台藩伊達家のお家騒動「伊達騒動」ゆかりの梵鐘に、金属疲労が確認されたこ…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

注目の特集