インフルエンザ

流行「注意報レベル」 県全域、予防策徹底呼び掛け /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 県は12日、インフルエンザの流行が県全域で「注意報レベル」になったと発表した。県内で大流行する可能性もあり、手洗いやうがい、マスクの着用など予防策の徹底を呼び掛けている。

 県健康増進課によると、峡南保健所管内の定点医療機関で、1~7日の患者数が平均11・3人となり、基準となる10人を超えた。峡南以…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

あわせて読みたい

ニュース特集