メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
お福餅

リニューアル フィルム包装、消費期限倍に 伊勢 /三重

フィルム密封包装にリニューアルしたお福餅

 今年で創業280年を迎える伊勢市二見町の和菓子店「御福餅本家」は、無添加で無着色の手作り主力商品「お福餅」のパッケージを木箱からフィルム包装にリニューアルした。これにより保存料などの添加物なしで消費期限を従来の3日間から2倍以上の7日間まで長持ちさせることに成功した。同社は今後、商品販売を控えてきた東北や九州などの遠方地域での販路の拡大を目指す。

 「お福餅」は4個入り480円、8個入り750円。佐賀県産のもち米で作った餅を北海道産小豆のこしあん…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文439文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです