メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今日も1日ワンだふる!

/9止 “里帰り”で被災者癒やす セラピー犬 そら(伊丹市) /兵庫

セラピー犬「えびす」と視線を交わすお年寄り(左)を見て、思わず笑みをこぼす飼い主の宮地ちえみさん=兵庫県稲美町の播磨サナトリウムで、浜本年弘撮影

 「あんたも苦労したんやねえ」。昨年6月、NPO法人「日本レスキュー協会」(伊丹市)の「セラピー犬」として初めて福島県に“里帰り”した雑種の雌「そら」(6歳)は、そう声をかけられ、頭をなでられると、しっぽをブンブンふって応えた。

 そらの母親は「もも」といい、東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発の事故で長期避難を余儀なくされた福島県飯舘村の高齢夫婦の元にいた。村が計画的避難区域に指定され、全村避難が始まった2011年5月、協会は避難先に連れて行けない犬を一時的に預かることにした。保護されたももは妊娠しており、兵庫に着いて3日後、4頭の子犬を産んだ。その1頭がそらだ。

 阪神大震災を機に設立した協会は災害救助犬の育成が中心だ。だが、犬と一緒に訪れると被災者の表情が晴れ…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです