メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

京都大瀬戸臨海実験所・白浜水族館 魚好き増やす工夫 研究者が日替わりで解説 /和歌山

生物の多様性についての説明に聞き入る来館者=和歌山県白浜町の京都大白浜水族館で、山成孝治撮影

 京都大の「フィールド施設」の一つ瀬戸臨海実験所(白浜町)。その中心施設、白浜水族館は元日も含めて年中無休だ。きょうも魚好き、海好きを増やそうと、工夫を凝らして観覧者を迎えている。

 京都帝大理学部(当時)が1930年、白浜町内に設けた「水槽室」を一般公開したのが始まり。水族館としては日本で3番目に古く、国立大学が運営する唯一の「博物館相当施設」水族館でもある。

 臨海実験所は、ヒトデやイソギンチャクなどの無脊椎(むせきつい)動物などを研究する大学院生を指導する…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです