メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

墨盈会迎春展

個性豊かな書で「戌」 福山 /広島

えとや新春にちなんだ文字をそれぞれに揮毫する人たち=広島県福山市西町1のエフピコRiM、市ものづくり交流館市民ギャラリーで、藤田祐子撮影

 毎日書道会総務の相原雨雪さん(72)が主宰する書道墨盈(ぼくえい)会の「第6回迎春展・干支(えと)(戌(いぬ))を書く」が12日、福山市西町1のエフピコRiM市ものづくり交流館市民ギャラリーで始まった。

 幼児~一般が思い思いに書いたはがき作品456点と墨盈会会員の額装作品25点を展示。作品解説で相原さんは「甲骨文、金文、草書体、前衛書と個性豊かな『…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです