メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口市

初期消火やAED応急処置など支援 「かけこみ119番の家」拡大 地域の企業、団体協力 /山口

「かけこみ119番の家」ののぼりを立ててPRする白石地域交流センター

 初期消火対応や自動体外式除細動器(AED)を使った応急処置などに地域の企業、団体が協力する山口市の取り組み「かけこみ119番の家」が拡大している。【祝部幹雄】

 制度は、火災発生や応急手当てが必要な場合、住民らが気軽に助けを求められる場所をつくるボランティア活動で、受け入れ側は「早い119番通報」「応急手当て・AEDの使用」「消火器による初期消火」を支援する。

 2016年度のスタート当初は、緊急車両の到着に時間がかかる過疎地や、観光客が多い温泉街でのニーズを…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文484文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです