メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

書き初め大会

元気よく大書 今治・吹揚小 /愛媛

友近吾邑さんと酒井夕静さん(手前左から)を囲んで書き初め作品を掲げる3年生児童=愛媛県今治市の市立吹揚小で、松倉展人撮影

 今治市立吹揚小(黄金町3)で12日、書き初め大会があった。毛筆を習い始めた3年生70人が参加し、毎日書道展審査会員の友近吾邑(ごゆう)さん(69)、同展会員の酒井夕静(せきせい)さん(64)の指導で「友だち」と元気よく大書した。

 市内4校が統合して新しい学校が発足した後、毎年続けている。今回で3回…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文262文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 積水ハウス 土地詐欺被害 「社長案件」社内審査怠る 安価情報、取引焦る 「問題あり」複数指摘を無視
  5. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです