メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟・三条のJR信越線立ち往生

大雪、発車1分で停止 JR「対応に不備」

 11日午後6時55分ごろ、新潟県三条市のJR信越線東光寺-帯織駅間の踏切で、新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が線路上に積もった新雪に阻まれ、12日午前10時26分まで約15時間半立ち往生した。電車は東光寺駅を発車してから1分足らずで停車していた。JR東日本は同日、新潟市内で記者会見し「安全上問題ないなら早く目的地にとの気持ちがあった。止めた場所も適切ではなかった」などと対応の不備を認めた。

 車内には当時、満員状態の約430人が乗っており、運転再開までに脱水症状を訴えた40代男性ら5人が搬送された。車内にトイレはあったものの男女共用の1カ所のみでトイレットペーパーも切れたという。

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです