メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟・三条のJR信越線立ち往生

大雪、発車1分で停止 JR「対応に不備」

 11日午後6時55分ごろ、新潟県三条市のJR信越線東光寺-帯織駅間の踏切で、新潟発長岡行き普通電車(4両編成)が線路上に積もった新雪に阻まれ、12日午前10時26分まで約15時間半立ち往生した。電車は東光寺駅を発車してから1分足らずで停車していた。JR東日本は同日、新潟市内で記者会見し「安全上問題ないなら早く目的地にとの気持ちがあった。止めた場所も適切ではなかった」などと対応の不備を認めた。

 車内には当時、満員状態の約430人が乗っており、運転再開までに脱水症状を訴えた40代男性ら5人が搬…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文703文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 大塚家具 8割引きセールも…経営再建が難航、窮地に 
  3. 有害物混入ワイン ネットで落札 30年以上前に製造
  4. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  5. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです