メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

犬研究の今=青野由利

 <do-ki>

 今年は戌(いぬ)年。そこで今回は最近の犬研究の動向から。安直というなかれ。なにしろ進展著しい分野なのだ。

 たとえば「犬の起源」。「オオカミの祖先が飼い慣らされたんでしょ」というのが一般的な答えだが、問題はいつ、どこで、どんなふうに?

 科学者の間にも諸説ある。化石からみて1万5000年前なのか、3万5000年前なのか。人の残飯を食べるようになったのが始まりなのか、別の理由か。誕生したのは欧州か、アジアか--。研究ライバル同士が「停戦」を宣言し、協力することにしたという話さえあったから、競争の激しさがうかがえる。

 そこに一石を投じたのが一昨年、英国チームが論文発表した「二つのルーツ」説だ。古代の犬と現代の犬、そ…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1010文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
  2. クローズアップ2018 加計氏、根拠なき強弁 「首相面会、記憶も記録もない」「虚偽、指示せず」
  3. 旧博物館動物園駅 幻の駅、21年ぶり公開 改修、保存へ 京成電鉄と東京芸大が協定 /東京
  4. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  5. 岡山・加計学園 獣医学部新設問題 加計氏、首相面会否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]