メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
挑む

2018自民総裁選/5止 安倍晋三首相(63) 勝ち方にこだわる 改憲の前に「強い経済」

地元後援会の新春の集いで支援者らと乾杯する安倍首相。右は妻昭恵氏=山口県下関市で8日、竹内望撮影

 年末年始を東京・六本木のホテルで過ごした安倍晋三首相は、6日から2泊3日で山口県下関市の自宅に帰っていた。昨年10月の衆院選で自民党を勝利に導き、2021年までの長期政権が視野に入った安倍は意気軒高だった。

 「まだまだやるべきことがある。デフレ脱却、人づくり革命、生産性革命、さらには憲法改正だ」

 7、8日は地元の新年会をはしごし、支援者らを前に今後の政策課題を列挙した。口にした順番は安倍の頭にある優先順だろう。

 「まず、デフレ脱却。そのためには賃上げだ」

この記事は有料記事です。

残り1457文字(全文1687文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです