メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和史のかたち

年賀状文化=保阪正康

コラージュ・清田万作 写真は(左から)豪雪で2階の窓へ配達される年賀状=金沢市で1961年▽伊丹万作映画監督▽年賀状の配達に向かう郵便局の社員=熊本市で今年

友人の人生と伊丹万作の言葉

 年賀状については、功罪相半ばする論が叫ばれてきた。虚礼廃止の折あまり意味がないのではないか、あるいは、年に1回お互いの安否を確かめ合う意味がある。それぞれがうなずける理由である。しかし私自身に限って言えば、今年は年賀状の意義が改めて確認され、どちらかといえば前者から後者に大きく傾くことになった。

 いわば年賀状文化とでも言うべきものが存在するのではないかとの実感である。

この記事は有料記事です。

残り1656文字(全文1855文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  2. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  3. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  4. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  5. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]