メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

中国軍艦の接続水域進入 関係改善の流れを壊すな

 中国海軍の艦船が沖縄県・尖閣諸島の接続水域に入った。同時に潜水艦も潜航して接続水域を航行した。日中関係に改善の機運が出る中、中国軍が緊張を高める動きに出たことに懸念を持たざるを得ない。

     中国軍艦が尖閣諸島の接続水域に入ったのは2016年6月にロシア軍艦船を追尾する形で進入して以来2度目。中国軍の潜水艦が潜航したまま接続水域に入ったことが公表されたのは初めてのことだ。

     外国の軍艦が接続水域を航行すること自体は国際法違反ではない。しかし、中国は尖閣諸島を自国の領土と主張している。日本が軍艦の接近に神経をとがらすのは当然だ。

     中国外務省は自国の主張を前提に海上自衛隊の艦船が先に接続水域に入り、中国海軍がそれを追跡、監視したと表明している。日本としては受け入れられない見解だ。

     また、一部の中国メディアは日本側が先に事実を公表したことを挑発的と批判している。軍事情報の公開度で日中の間に差があることへの理解が足りないのではないか。

     12年に日本が尖閣の「国有化」を発表し、中国が対抗措置として一方的に東シナ海防空識別圏の設定を発表したことなどから、日中関係は冷却した状態が続いてきた。

     しかし、昨年11月の安倍晋三首相と習近平国家主席の首脳会談以降、改善の機運が高まった。同12月の海洋協議でも偶発的な軍事衝突を防ぐ「海空連絡メカニズム」について前向きな進展があったばかりだ。

     日中平和友好条約締結40年の今年は日本での日中韓首脳会談の開催が検討され、その準備のため、河野太郎外相の訪中も調整が進んでいる。

     そうしたさなかの中国軍の行動をどう解釈すればいいのか。日本の出方を試そうとしているなら危険だ。領土に絡む問題は国民感情を刺激し、感情的な対立につながりやすい。

     ただ、両国政府は関係改善の基調を崩したくないという考えを強調している。それならどちらも冷静に対応し、再発を防ぐべきだ。

     安倍首相は習氏が提唱する「一帯一路」構想への協力の意向を示している。北朝鮮問題での意思疎通も必要だ。首脳交流の実現を急ぎ、トップレベルで改善の流れを確固としたものにすることが優先課題だろう。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 傷害容疑 不必要に患者の歯削り損傷 歯科医師を逮捕
    2. アザラシ 「なぜこんな所に」秋田・能代の川
    3. 特集ワイド 拉致被害者家族、蓮池透さんに聞く 「最重要課題」一ミリも動かぬ安倍政権 政治家こそ「痛恨の極み」
    4. ロシア シベリアに大寒波 氷点下65度、死者も
    5. 聖カタリナ学園 女子ソフト部監督、セクハラ発言や体罰

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]