メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

任天堂

復活の勢い 「スイッチ」好調、1400万台達成も 「屋外で手軽に」受け、ファン層拡大

 2017年3月に発売した家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」(国内価格は税抜き2万9980円)のヒットで、任天堂が勢いを取り戻している。18年度のスイッチの世界販売目標について、君島達己社長は「2000万台を達成したい」と述べ、17年度の1・4倍に引き上げる意欲を示した。スマートフォン向けゲームの隆盛などが業績を直撃して不振が続いていたが、18年3月期には9年ぶりの増収を見込む。【土屋渓】

 スイッチはテレビにつなぐ据え置き型だが、本体を取り外して屋外でも遊べる点が受け、昨年12月10日時…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです