メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
経済観測

現実を見据え歴史を振り返る=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 東京証券取引所の大発会で、株価が700円超値上がりし、日本経済は「バブル期以来の好景気」と浮かれたニュースが流れ始めている。しかし、そんな今こそ、少子高齢化が進む日本の現実を見据えて、もう一度歴史を振り返る必要があると思う。

 今年は明治維新から150年に当たる。私の祖母は1879年に商家の娘として東京で生まれ、96年に17歳で彰義隊の生き残りである武士の息子と結婚した。その頃、日本は日清戦争に勝利し、社会が安定してきたように歴史には書かれているが、祖母の話では、不満を持つ元武士階級が毎晩のように集まり、刀を振り回して打倒明治政府を叫んでいたという。大正時代は第一次世界大…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文724文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです