メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

平和賞 ICAN事務局長、長崎原爆資料館訪問

写真「焼き場に立つ少年」を見るICANのフィン事務局長=長崎原爆資料館で12日午後、森園道子撮影

 昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)が12日、長崎市を訪れ、長崎原爆資料館で同日始まった受賞記念展のオープニングセレモニーに参加した。フィン事務局長は「ノーモア・ヒバクシャ」のフレーズを繰り返し「声を上げる人が増えれ…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政権の意思決定また不透明に 検察庁法巡り法相が約束した文書いまだ「作成中」

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです