メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難民申請

認定厳格化に賛否 「乱暴」「一定の評価」

 日本国内で難民認定を申請する外国人の急増が、本来の難民の迅速な保護を妨げているとして、法務省は15日以降の申請者から難民認定制度の新たな運用を導入する。上川陽子法相は12日の閣議後記者会見で「就労目的のような乱用・誤用的な申請には厳格に対応する」と説明。難民問題に携わる関係者からは賛否の声が上がった。

 新運用は、正規の在留資格者が申請すると、半年後に一律に就労を可能にしていた現在の運用を廃止。同省に…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  3. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  4. 青森・岩木山で初雪 昨年より13日早く

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです