メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
今年こそ

/4 「老い方」ナマコに学び 生物学者・本川達雄さん(69)

定年退職後、小学校への出前授業をライフワークにしている本川達雄さん=川崎市で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 --これまで主にナマコを研究する傍ら、生物学の視点から社会問題や環境問題について論じてこられました。人間の「老い方」について、生き物から学べることはありますか。

 ◆動物の寿命はそれぞれ違います。ゾウなら約70年、ネズミなら2~3年。でも、心臓が「ドクン」と脈打つ回数は哺乳類ではだいたい同じ、約15億回と考えられています。ゾウはゆっくり、ネズミは速いペースで心臓が脈打ち、15億回打つと、みんな寿命を迎えて死んでいく。これをヒトの心拍数に当てはめると、平均で41・5歳。人間の寿命は長い間このくらいでした。42歳以降の我々は文明や医療技術の進歩によって生き永らえている、いわば「人工生命体」と言っても過言ではありません。生物としての終わりを迎えた後の「おまけの人生」を生きているのです。

 --「おまけ」と言われると、中高年世代はしょんぼりするのでは。「おまけの人生」でも、無為に過ごすの…

この記事は有料記事です。

残り1686文字(全文2096文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]