メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/161 第5章 7=高村薫 多田和博・挿画監修

 期待に反して佐倉真弓、旧姓栂野(とがの)真弓は動かず、ほぼ手が尽きた恰好(かっこう)の特命班は、六月末、最後に再び大宮の浅井忍を訪ねてゆく。

 忍は、思うところあって半年ぶりに薬の服用を再開したという本人の言葉どおり、三月に会ったときに比べると別人のような鈍重な印象だった。聞けば五月の連休明けに歯科技工所をクビになった後、先週には大宮区の事業ゴミ収集を請け負う会社に再就職して、いまは週五日、念願だった収集トラックの助手席に乗っているというから、変われば変わるものだ。

 前回忍には、浜田ミラや井上リナなど事件当時の高校生仲間の話や、その延長線上で上田朱美の印象などを聴…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 二宮金次郎像は、かつて小学校校庭の…
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです