訪日外国人

最高2869万人 周辺観光地、体験型人気 関空、レンタカー利用急増

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
白鶴酒造の資料館では、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」が訪日外国人を出迎える=神戸市東灘区で、同社提供
白鶴酒造の資料館では、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」が訪日外国人を出迎える=神戸市東灘区で、同社提供

 2017年の訪日外国人旅行者数が前年比19・3%増の約2869万人となり、5年連続で過去最高を更新した。韓国や中国などアジアを中心に旅行者が増えたことが要因。関西を訪ねる外国人旅行者には、京都の社寺や大阪の繁華街など定番スポットにとどまらず、より多くの体験を求めて周辺観光地に足を延ばす傾向が生まれている。【宇都宮裕一】

 「この建物は、約50年前まで実際に酒蔵として使っていました」。白鶴酒造の資料館(神戸市東灘区)では、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」が日本語に加え、中国語や英語も駆使し出迎える。酒蔵の伝統建築と最先端のロボットの組み合わせに、アジアからの家族連れらから歓声が上がる。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1020文字)

あわせて読みたい

注目の特集