メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鶴ひろみさん

野沢雅子ら400人が最後の別れ 中尾隆聖は「ドキンちゃん、バイバイキン…」

鶴ひろみさんの遺影が飾られた祭壇

 「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃんや「ドラゴンボール」シリーズのブルマ役などで知られ、昨年11月に急死した声優の鶴ひろみさんのお別れ会「鶴ひろみを送る会」が13日、東京・青山葬儀所で執り行われ、「ドラゴンボール」シリーズの悟空役などで知られる野沢雅子さんや「それいけ!アンパンマン」のアンパンマン役の戸田恵子さん、ばいきんまん役の中尾隆聖さん、チーズ役の山寺宏一さんら約400人が参列し、鶴さんとの別れを惜しんだ。

 祭壇は、鶴さんが好きだったという紫のバラやカーネーション、スイートピーなど約4000本の花が配されており、凛(りん)とした大人の女性と可愛らしさをイメージしたという。遺影は2005年に撮影された宣材写真で、祭壇にはオレンジ色の七つの「ドラゴンボール」や、鶴さんが声を演じたドキンちゃんやブルマのパネルも飾られた。会場では「ドラゴンボール」シリーズのエンディングテーマなどが流された。

 

 参列者の代表としてスピーチに立った野沢さんは「ドラゴンボールが七つそろって、ドラゴンボールってなんでもかなえてくれるんだよね、でも今回は駄目だった。ごめんね」と呼びかけ、「何があったかいまだに分からない、どうしたのって言いたい。でもひろみらしく、誰にも迷惑をかけず、私たちの行けない知らない世界へ行ってしまいました。でも、そちらには仲間がいるかもしれない。本当は言いたくない言葉ですけど、ひろみ、私たちの世界を見守っててね。さようなら」と最後の別れを告げた。

 中尾さんも「つらいですけど、頑張って番組を続けていきます、これからも見守っていてください」と語り、最後はばいきんまんの声で「ドキンちゃん! バイバイキン!」と声を詰まらせながら呼びかけた。

 鶴さんはドキンちゃんやブルマ、「きまぐれオレンジ☆ロード」の鮎川まどかなどさまざまな役柄で知られ、情報番組「NEWS23」のナレーションも務めるなど幅広く活躍した。2017年11月16日に大動脈解離のため、57歳で死去した。

主な参列者(敬称略)

荻野目洋子▽田中真弓▽TARAKO▽戸田恵子▽冨永みーな▽中尾隆聖▽野沢雅子▽古谷徹▽堀川りょう▽山寺宏一▽渡辺菜生子

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北合同チーム 韓国の若年層反発「これが国か」
  2. 市立秋田商 受験生母にキスは元レスリング五輪選手
  3. 平昌五輪 小池知事「平壌五輪になりつつある」
  4. 音楽家 小室哲哉さんが引退表明 不倫疑惑受けて
  5. 徳島県教委 修学旅行中に風俗利用 男性教諭を懲戒免職

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]