メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄

校庭利用再開、見通し立たず 米軍ヘリ窓落下1カ月

米軍ヘリから窓が落下した普天間第二小学校(手前)。奥は米軍普天間飛行場=沖縄県宜野湾市で2017年12月13日、本社機「希望」から

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に隣接する市立普天間第二小学校(児童数約640人、喜屋武(きゃん)悦子校長)の校庭に、米軍大型ヘリコプターが窓を落下させた事故から13日で1カ月。事故後も学校周辺上空での米軍機の目撃が相次ぐなどし、利用再開のメドが今も立たない校庭には、子どもたちの歓声が戻っていない。保護者は「学校上空を飛ばさないで。子どもたちに安全な学校生活を送らせてあげたい」と切実な声を上げている。【佐藤敬一】

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1006文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 大阪・岸和田で工場火災 8棟約2600平米焼く けが人なし
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです