メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ICAN

「長崎、最後の被爆地に」フィン事務局長が献花

爆心地公園で献花するICANのベアトリス・フィン事務局長(左)=長崎市で2018年1月13日午前10時、森園道子撮影

 長崎に滞在している、昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は13日午前、長崎市松山町の爆心地公園で献花し、原爆死没者を追悼した。その後、近くの長崎原爆資料館を見学した。

     フィン事務局長は、長崎大核兵器廃絶研究センター(RECNA)の招きで初来日した。爆心地公園では、原爆落下中心地碑の前に花輪をささげた。原爆資料館では、中村明俊館長の説明を受けながら、被爆の実相を伝える資料を見て回った。

     フィン事務局長は資料館訪問後、「深く心を動かされた。長崎が最後の被爆地とならなければいけない」と語った。【加藤小夜】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. Dr.北村が語る現代思春期 日本人の性器は特別? 包茎こそ自然なのです
    2. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード
    3. サイバー犯罪 ついに高額被害 ビジネスメール詐欺の手口
    4. 特殊詐欺・闇からの誘い /1 「教材費払え」怒声昼夜 自殺後も電話やまず
    5. フィギュア 川口、引退を表明 コーチ、ショーで活動へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]