メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

故郷・神戸に母の叫び届け ミュージカル参加

ミュージカルの練習に取り組む橋本陽子さん(中央左側)=兵庫県芦屋市で2018年1月8日、田辺佑介撮影

 阪神大震災の後、各地で公演を続ける兵庫県芦屋市の「奇跡の街合唱団」が14日、東日本大震災で苦悩する猫の母子のミュージカル「Cats in KOBE」を上演する。母猫役の橋本陽子さん(45)は、実際に東京電力福島第1原発事故に遭い神戸市の実家に自主避難。「阪神」と異なる被災者の気持ちに気づいてもらえたら--。震災から23年のあの日を前に、自らの境遇を重ね舞台に上がる。

 橋本さんは阪神大震災当時、京都市内の大学に在学中で家族もけがはなかった。翌年結婚して夫の故郷の茨城…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文760文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです