メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スノーボードW杯

国武と岩渕が2位 スロープスタイル

スロープスタイル決勝で共に2位となり、表彰台で喜ぶ男子の国武大晃(右)と女子の岩渕麗楽=共同

 スノーボードのワールドカップ(W杯)は12日、米コロラド州スノーマスでスロープスタイル決勝が行われ、男子の国武大晃(STANCER)が83.64点で2位に入った。国武がW杯で表彰台に立ったのは初めて。大久保勇利(ムラサキスポーツ)は77.91点で6位だった。

     女子の岩渕麗楽(キララクエストク)も76.48点で2位となり、ビッグエアで初優勝した昨年12月のW杯に続いて表彰台を確保した。

     男子はレドモンド・ジェラルド(米国)、女子はクリスティ・プライア(ニュージーランド)が優勝した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 埼玉出身・夏菜、千葉出身・こじるりの口撃に強気応戦「ピーナツ作ってろ」
    2. ICAN事務局長来日 安倍首相、なぜ会わぬ
    3. フィギュアスケート 私を強くしたソチ落選 米代表の長洲、平昌へ
    4. タイガー魔法瓶 1万円の水筒 訪日客ターゲットに
    5. 和歌山県警 シャンプー投入、浴場泡だらけ 少年2人逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]