メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

聖火、ソウル入り 盛り上がり期待

ソウルでの聖火リレーの開始前にトーチに点火してもらう第1走者のパク・ヒジンさん(右端)=共同

 平昌冬季五輪の聖火リレーが13日、韓国のソウルで始まった。韓国では北朝鮮が大会参加を表明したことで五輪への関心が高まり、大会組織委員会は首都でのリレーで一層の盛り上がりを期待している。

     ソウルでの第1走者は2014年ソチ五輪フリースタイルスキー女子の韓国代表だったパク・ヒジンさんが務めた。氷点下7度の寒さの中、伝統楽器を打ち鳴らすサムルノリのにぎやかな演奏を受けて走りだし、沿道の市民が歓声を上げた。

     パクさんは「1番に走って今も心臓がどきどき。めったに訪れない私たちの国での五輪なので、メダルにこだわらず、みんなを応援してほしい」と話した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
    2. 西部邁さん死去 多摩川で入水自殺か 78歳、遺書残し
    3. 大砂嵐事故 角界、止まらぬ不祥事 暴行、セクハラに続き
    4. 車同士衝突 弾みでぶつかった自転車の高校生が死亡 埼玉
    5. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]