メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スルメイカ

漁獲枠最低に 18年度、違法操業も一因

 水産庁は12日、スルメイカの2018年度の国内漁獲枠を前年度比29%減の9万7000トンとし、過去最低に抑える方針を明らかにした。ピーク時の01~03年(1~12月)に設定した53万トンからは82%の減少。海水温の変化で資源が少なくなっているため。韓国の漁獲増加や、北朝鮮船の違法操業も一因とみられる。

 スルメイカの漁獲量は00年に30万トンを超えたが、17年度は4~11月で約3万5000トンだった。…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文403文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです