メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

再選挙避けたい各党 連立協定交渉入り合意

大連立政権協定交渉入りを目指す方針で合意し、笑顔で撮影に応じる(左から)CSUのゼーホーファー党首、メルケル首相、社会民主党のシュルツ党首=ベルリンで12日、ロイター

 【ベルリン中西啓介】戦後ドイツで長く2大政党制を担ってきた、メルケル独首相の保守系会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党が連立協定交渉入りに向け合意したことで、昨年11月の自由民主党などとの連立協議決裂に次ぐ2度目の協議決裂という最悪の事態はひとまず回避された。ただ、合意には再選挙を避けたいという各党の思惑がにじみ出ており、新鮮味が少ない政策に世論の支持が得られるかは不透明だ。

 「CDUは全会一致で政権交渉入りを支持した」。メルケル氏は12日、記者会見で、3党合意についてこう…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文648文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  2. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  4. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告
  5. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]