メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル平和賞

ICAN事務局長が長崎訪問

ノーベル平和賞受賞記念展のオープニングセレモニーに出席し、あいさつするICANのベアトリス・フィン事務局長(左)。手前の前列右端は田上富久・長崎市長=長崎市の長崎原爆資料館で2018年1月12日午後4時29分、森園道子撮影

 昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)が12日、長崎市を訪れ、長崎原爆資料館で同日始まった受賞記念展のオープニングセレモニーに参加した。フィン事務局長は「ノーモア・ヒバクシャ」のフレーズを繰り返し「声を上げる人が増えれば、多くの指導者を私たちの側に引き込むことができる」と訴えた。

     フィン事務局長は長崎大核兵器廃絶研究センター(RECNA)の招きで初来日。記念展では、ICANの活動や授賞式の様子などを紹介するパネル20点や、昨年のノーベル文学賞を受賞した長崎市出身のカズオ・イシグロさんから田上(たうえ)富久・長崎市長に届いた手紙などが展示され、フィン事務局長は興味深そうに見入っていた。その後、「日本が核兵器禁止条約に署名することを望む」とのメッセージを館内に置かれた見学者用のカードに書いた。

     また、この日は館内で田上市長とも会談し「核兵器がある限り使用される危険が存在し、再びナガサキが繰り返されかねない。核兵器禁止条約は一筋の光だ。私たちはともに行動し、日本政府にプレッシャーをかけ、被爆者のストーリーを若い世代にも伝えていく必要がある」と語った。【加藤小夜】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
    2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
    3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
    4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
    5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです