メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上野動物園

シャンシャン観覧 2月から7時間に拡大

ジャイアントパンダの「シャンシャン」=東京都台東区の上野動物園で2018年1月9日、東京動物園協会提供

 東京都は12日、上野動物園(台東区)のジャイアントパンダの雌の子ども「シャンシャン(香香)」の観覧について、2月から当日整理券を配布する先着順とし、時間も現在の2時間半から7時間に拡大すると発表した。現在は事前抽選で、1日に見学できるのは約2000人から約9500人となる。

     また、1月までは屋内展示場での公開だったが、2月からはシャンシャンと母親の「シンシン」を初めて屋外放飼場でも見られるようにする。シャンシャンの健康状態が落ち着いていることから、時間を延ばしても問題ないと判断した。整理券は東園の五重塔前で午前9時半から配布する。

     今月23~31日には観覧時間を午前9時45分~午後2時15分の4時間半に延長し、約3600人が観覧できるようにする。【柳澤一男】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 音楽家 小室哲哉さんが引退表明 不倫疑惑受けて
    2. ORICON NEWS 小室、引退決断は「私の罪。償いはこれが精一杯」 自発的な音楽活動は「本日をもって終了」
    3. オウム 教祖四女「一人の人間として生きたい」 会見一問一答
    4. オウム高橋被告判決 最後の法廷、謝罪なく
    5. ORICON NEWS マーク・パンサー、小室引退に戸惑い「グローブのともし火は消さない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]