メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山梨市の職員採用汚職

元収入役らに猶予判決 東京地裁

 山梨県山梨市の職員採用を巡る汚職事件で、望月清賢・前市長(70)=受託収賄罪などで有罪確定=に現金を渡したとして、贈賄罪に問われた元収入役、滝沢博道被告(73)と同県甲州市立中の元校長、萩原英男被告(58)に東京地裁は12日、いずれも懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡した。

 島田一裁判長は、滝沢被告が萩原被告に賄…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文327文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落
  4. クローズアップ2018 6.12首脳会談 米朝再び正常軌道
  5. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]