2040年推計

単身世帯4割に 未婚化が影響

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
65歳以上男女の独居率の推移
65歳以上男女の独居率の推移

 国立社会保障・人口問題研究所は12日、世帯数の将来推計を公表した。2040年には単身世帯が全世帯の39.3%に達し、15年(34.5%)より5ポイント近く増加する。未婚化の影響で高齢者(65歳以上)の単身世帯の割合が増えることが主な要因。総世帯数は15年の5333万世帯から増加し、23年に5419万世帯とピークを迎え、40年には5076万世帯まで減少する。【桐野耕一】

 推計は5年ごとに実施している。単身世帯は15年の1842万世帯から30年には2025万世帯に増加。40年には1994万世帯に減るが、総世帯数も減少しているため全世帯に占める割合は約4割まで増える。40年の高齢者の単身世帯は896万世帯。

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1245文字)

あわせて読みたい

ニュース特集