メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんゲノム

がんセンターが先進医療申請 一部に保険適用

 がん患者の遺伝情報を調べ治療につなげるがんゲノム医療に関し、国立がん研究センター中央病院は12日、遺伝子検査法を先進医療に申請した。がんゲノム医療分野では初申請。先進医療に認められれば一部に公的医療保険が使えるようになる。今年度中をめどに承認される見通し。

     がんゲノム医療は、がん細胞の遺伝子を網羅的に調べ、適した治療薬を選んで使う医療。臨床研究や自由診療で実施されている。

     同病院では2013年から民間企業とともに検査機器(次世代シーケンサー)を開発。研究の一環として患者の遺伝子を調べ、治療につなげてきた。計画では、治療の選択肢のない最大350人の患者を対象に126種類の遺伝子を調べる。

     自由診療では100万円程度の検査費用のほか、診察や投薬などの費用も含めすべて自己負担。先進医療になれば検査以外の通常の診察などは保険(自己負担1~3割)が適用される。同病院以外の施設も実施する見通し。

     先進医療は、将来的な保険適用に向けた評価をするために実施する制度。厚生労働省は、この検査法について、先進医療としての実績を踏まえて19年度の保険適用を目指している。【高野聡】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    4. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    5. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]