メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光免疫療法

近赤外線で治療 がんセンター3月から治験へ

 近赤外光を使ってがんを治療する「がん光免疫療法」の国内初の治験(臨床試験)が、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)で3月に始まることが決まった。再発頭頸(とうけい)部がん患者を対象に実施する。同療法の実用化を目指す米製薬ベンチャー「アスピリアン・セラピューティクス社」が13日にも発表する。同療法は、米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発した。

 がん細胞表面のたんぱく質に結びつく「抗体」に、近赤外光によって反応を起こす化学物質を付着させ、患者…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文820文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画喫茶殺人 凶行、流浪の果て 職に就けずいらだち
  2. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  3. アメリカンフットボール 悪質タックル 関学選手らを脅す書き込み 警察が捜査
  4. ドリームキッズinおおさか フィギュアスケート選手 滝野莉子さん 五輪へ、氷上の舞磨く /大阪
  5. 京都 白タク天国、観光地横行 韓国業者も参入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]